雨とbe動詞・一般動詞

 みなさん、はっきりしない天気が続いていますが元気ですか?
ワールドカツプ、残念でしたね。
 さて、きょうは中学1年生の皆さんに、ちょっとだけ英語の話をします。
 まずはじめに習ったことは、日本語と英語とでは、ことば(単語)の順番がちがうっていうことでしたね。「わたしは/ミミ/です。」が、英語になると「I/am/Mimi.」というぐあいです。ちょうど、お魚の頭をかじってから、しっぽにいって胴体にあともどりするみたいに、直すのでしたね。
 日本語と英語でっていうと、英語が特別なものみたいにみえますが、実は世界的にみると、日本と朝鮮半島だけが私たちが使っているような言葉の順番で、ほかの言語はみんな英語と同じらしいです。
 ところで、「わたしは/あなたを/愛している。」は、英語では「I/love/you.」になるわけですが、ここではわたしは(I)なのに、amは使えません。
 「I/am/Mimi.」では、I=Mimi、つまり「わたし」と「ミミ」は同じですが、「I/love/you.」では、、Iキyou、「わたし」と「あなた」はちがいます。
 このように、イコールの関係にあるときは、amなどのいわゆるbe動詞を使い、イコールの関係にないときは、loveなどbe動詞以外の動詞(いわゆる一般動詞)を使うんですね。
 be動詞と一般動詞とでは文の作り方も違うし、これから英語を勉強する上で、けっこう大切なことなので、しっかり使い分けられるようにしましょうね。
 <きょうの内容>英語の動詞(ふつう文の二番目に来る)は、「イコール」の関係かどうかで使い分ける。

雨だから、抵抗の勉強?

きのうは、札幌まつりのみこし渡御がありました。塾の近くも通りました。今にも降り出しそうな空の下、最後の山車が通り過ぎてから雨になりました。
さて天気も悪いし今日は、中2理科のオームの法則の勉強をしましょう。
まず、主役を確認しておきます。
①電圧[V ボルト]は、電流を流すパワーのもとです。高さみたいなものかな?
②電流[A アンペア]は、正確には電子の流れですが、通行人みたいなもの。
③抵抗[Ω オーム]は、電流をじゃまします。通行人に襲いかかる駄目犬みたいなものかな?
<②の電流だけは、ふつうは単位にmA ミリアンペア が使われますが、オームの法則を使うときは、A アンペア に直して計算します。ミリは1000分の1ですから、mAをAに直すときは1000でわる、つまり小数点を左に3個ずらします。忘れないでくださいね。>
さて、オームの法則は、電圧Vと電流Aと抵抗Ωのうち、2つがわかれば、残りがわかるということです。
ぼくは V
あなたのA
オームですΩ
とたて書きにして、横にわかっている数値を書きます。Vの数値がわかっているときは、「棒〜ると」と唱えながら下に横棒を書いてくださいね。この横棒は、割り算の分数ですよ。
まあ、こんなめんくさい、という人は、まんじゅうかいて、左下から
V [ぶ(ボルト)]ない
Ω A [オーム]は[あ(ンペア)]
とかでもいいです。
① 2V,0.1Aなら、抵抗は何Ω?
2V

0.1A

2÷0.1=20÷1=20Ω

②3V,15Ωなら、電流は何A?
3V

15Ω

3÷15=0.2A
(mAをAに直せといわれたら、1000倍つまり、小数点を右に3個ずらします。0.200×1000=200mA)

③200mA,50Ωなら、電圧は何V?

<まず、mAをAに直します。200÷1000=2/10=0.2A 小数点を左に3個ずらしてもよい。>

?V
0.2A
50Ω

かけ算して、0.2×50=10V

オームの法則は、慣れたらそんな難しいものではないので、最初はいやでも、繰り返し練習しましょう。
<きょうの話>オームの法則は、2つがわかれば残りがわかるの法則。mAはAに直してから計算する。

20140617-033452.jpg

しつこく天気悪いから⚫️世紀クイズ

みなさん、こんにちは。あいかわらず、ぱっとしない天気が続いていますが、元気にしていますか?
さて、とある生徒が、239年は3世紀のはじめだよ、と言ってもどうしても納得してくれません。239は、百の位が2なんだから、2世紀じゃないの?、って言うんです。それって、歴史の勉強のはじめに習わなかったの?、って聞いても、知らない忘れた、って言うんです。
歴史では、けっこう⚫️世紀の終わり、とかいう言い方をします。はっきりしないままでいると、困るはず・・・
キリストさんが生まれたとされる年を元年つまり1年として、100年ごとのカタマリで考えるのが、世紀(センチュリー)でしたね。
だから、1年から100年までが、1世紀になります。
1001年から1100年までは?
終わりの年の、百の位以上を見て、11世紀ですね。
2001年から2100年までは?

終わりの年の2100の百の位以上を見て21世紀ですね。

じゃあ、57年は何世紀?
1年から100年までに入るから1世紀。

1333年は何世紀?
1301年から1400年までに入るから14世紀。

1945年は何世紀?
1901年から2000年までに入るから20世紀ですね。

な〜んだ、百の位以上に1を足せばいいんだね、って、すごいことに気がつきましたね。

では、1900年は何世紀?
さっきの1945年のとこを見て、注意してください。1900年までは19世紀です。

<きょうのお話>
世紀から年を考えるには、世紀を100倍した年までの100年間

年から世紀を考えるには、
①ふつう、百の位以上の数に1をたす
②下二桁(十の位と一の位)が00のときだけ、百の位以上と同じ

現在完了の復習①

きょうは、中学の英語で習う、いわゆる時制(現在、過去、みたいなやつ)のしめくくりとして、中学3年生がプログラム2で勉強した現在完了のお話です。
現在完了は、日本語ではちょっとイメージが難しいので、分かりづらいところですが、9月からの学力テストでも大変よく出題されるので、しっかり理解しておきましょう。

たとえば、「むかし彼女に逃げられた。その後、彼女が飼っていた猫にも逃げられ、今にいたる。」と、いったケースを考えてくださいね。
これ、日本語と違って、英語では過去と現在にまたがるので、過去の文も現在の文も使えない。困ったわ〜、ということになります。

そこで、過去と現在をいっぺんにあらわす特別な言い方を使います。この、過去と現在の一人二役が、現在完了の形、have+過去分詞なんですね。

ふつうの文 主語+have+過去分詞・・.
疑問文 Have+主語+過去分詞・・?
否定文 主語+have not[haven’t]+過去分詞・・.
主語がIとyou以外のひとり(いわゆる三人称単数)のときは、犬や猫を飼っているのhaveと同じように、haveのかわりにhasを使うんでしたね。

説明が、先になってごめんなさい。
例文にいきます。

① I became sick last Saturday.
わたしは、先週の土曜日に病気になった。<過去>
② I am still sick.
わたしは、まだ病気です。<現在>
①+② I [ ] [ ] sick for a week.
(きょうは、金曜日って設定で)
わたしは、一週間、ずっと病気です。

注意とヒント→becomeは、別のものになる(変わる)イメージなので、二番目のカッコには、becomeは、入りません。
(becomeの過去分詞はbecameじゃなくて、becomeだけど、ここでは残念ながら使いませんよ。)
amみたいなbe動詞の過去分詞は、beenでしたよね。

答え I [ have ] [ been ] sick for a week.
うまく、出来ましたか?

類題
① Kenta moved to Osaka three years ago.
ケンタは、3年前に大阪にひっこした。
<過去>

② Kenta still lives in Osaka.
ケンタは、まだ大阪に住んでいます。
<現在>

①+②
ケンタは、3年間(ずっと)大阪に住んでいます。
<過去+現在>
Kenta [ ] [ ] in Osaka
[ ] three years.
答えは、最後にあります。

<きょうのお話>
過去と現在を同時にいうときは、現在完了の形have+過去分詞を使います。
<予告>
現在完了を使った英作文などは、学力テストや入試でも、とてもよく出題されます。現在完了で、いちばん大切なことは、中学で習う3つの使い方を、キーワードと一緒に覚えることです。
次回は、現在完了の使い方とキーワードについて勉強します。

答え
Kenta [ has ] [ lived ] in Osaka
[ for ] three years.

現在完了の復習②

 みなさん。サッカー、本当に残念でしたね。といいつつ、朝の4時まで起きていて、結局寝ててよく見なかったという残念な・・・。
 さて、前回お話ししたように、現在完了って学力テストとかで結構よく出て、しっかり覚えておいたほうがよいところです。
 では、何が大切かというと中学校で習う3つの使い方のキーワードと置き場所をしっかり覚えることです。
 まず、次のパターンを日本語にしてみましょう。
 パターン➀ I have been busy since last Friday.
「have been」が現在完了の形ですが、ここでは「since last Friday」に注目してくださいね。
 ふつう、現在完了は過去を表わす言葉とは一緒に使えないのですが、前にsinceがくっつくと「~以来[~からずっと]」という意味になるのでしたね。
 busyは「忙しい」、since last Fridayで「先週の金曜日以来」なので
 「私は、先週の金曜日以来[からずっと]忙しい。」になりますね。
 もし、Tom has lived in Sapporo for five years.なら、「for five years」に注目してくださいね。
 期間の前にforがくっつくと「~の間」という意味になるので、「トムは、5年間(ずっと)札幌に住んでいます。」になりますね。
 文末のsinceとforは、「ずっと~し続けている。」という文を作ります。
 for a long time で「長い間」っていうのも忘れないでくださいね。
 
ところで、「for five years」をたずねる文「トムはどのくらい(の間)札幌に住んでいますか。」って、何と言うか覚えてますか。
 英語は、一番聞きたいことから並べるので、まずは「どのくらい(の間)」つまりHow longですね。
 あとは「for five years」以外の「Tom has lived in Sapporo」を疑問文の順番に直せばよいのでhasを前にして、「How long has Tom lived in Sapporo?」でできあがりです。
 
パターン➁ I have seen a panda once.
 「have seen」(seenはsee=見るの過去分詞)が現在完了の形ですが、ここでは「once」に注目してくださいね。
onceは「1回」なので、「私は1回パンダを見たことがある。」
 仲間として、twice,~times,many times,beforeがありましたが、意味を覚えてますか?
twice=2回,~times=~回,many times=何回も,before=以前 でしたね。
 ※2回はtwiceってうるさくいわれるけど外人さんで、one timeとかtwo timesとか言ってた人いたし。でも、once,twiceが無難です。
 あと、文末に来なくてoften=しばしば、っていうのもありますが、テストにはあまり出ません。
 
Ken has been to Okinawa many times. はどんな意味になるでしょう。
 「have been to 場所」で「~に行ったことがある」なので、「ケンは、何回も沖縄に行ったことがある。」になりますね。
 
では、「ケンは、今までに沖縄に行ったことがありますか。」は、何というでしょう?
 「今までに」は、疑問文で過去分詞の前に置く「ever」を使うんでしたね。
 Has Ken ever been to Okinawa?

では、「ケンは、今までに一度も沖縄に行ったことがありません。」は、何というでしょう?
 「今までに一度も~ない」は、否定文のnotの位置にneverを置くんでしたね。
 Ken has never been to Okinawa.
 
ちょっと意地悪な質問ですが、「私は一度もそこに行ったことがない。」は何というでしょう?
なーんだ、「そこに」はthereだから・・・
 I have never been to there. ×
 thereは「そこに」で、toも「~に」だからto thereだと「そこにに」になってしまいますね。
 I have never been there.で正解です。

 調子に乗って長くなったので、つづきは次回にします。
 <きょうのお話>
 現在完了は、キーワードと置き場所を覚える。
 ➀「(ずっと)~しつづけている」(いわゆる継続用法)
 文末に「since 過去を表わす語」で「~以来(~ずっと)」,「for +a~,~s」で「~の間」
for a long time で「長い間」
 ★「どのくらいの間」と期間をたずねるときは、How long +疑問文?

➁「~したことがある」(いわゆる経験用法)
 (1)肯定文(ふつうの打ち消したりしない文)の文末に
 once=1回,twice=2回,~times=~回,many times=何回も,before=以前
 (2)疑問文「今までに~したことがありますか。」
 Have[Has]+主語+ever+過去分詞・・?
(3)否定文みたいなの「今までに一度も~したことがない。」
  ⇒否定文のnotの位置にnever
主語+have[has]+never+過去分詞・・.
 ★have[has] been to~=「~に行ったことがある」
 <注意>「そこに行ったことがある」は、have[has] been there

 

 

現在完了の復習③

おはようございます。
最近は、北海道らしい天気になってきましたが、元気ですか?
さて、前回は最後まで終わらなかったので、きょうは現在完了の復習の3回目です。
まず、前回の確認です。
①Ken has been in Otaru for a week.

日本語に直してみましょう。
「ケンは、一週間小樽にいます。」

「for a week」をたずねる文に。

「ケンは、どのくらい小樽にいますか。」という文を作るのですが、
手順1,for a week を「どのくらいHow long」にして、文頭に置く。
手順2,for a week 以外を疑問文に直す。

だから、
How long has Ken been in Otaru?
ですね。

②「わたしは、何回も大阪に行ったことがあります。」を英文に。

「〜に行ったことがある」は、have been to,「何回も」は、many times
だから
I have been to Osaka many times.
ですね。

「彼女は、一度も雪を見たことがない。」を英文に。

「一度も〜したことがない」は、否定文のnotの位置にneverを入れて、
She has never seen snow.
ですね。
雪には、aはつかないので注意しましょう。

さて、前回のつづきです。

パターン③ I have already finished
my homework.

ここでは、「already=すでに」に注目します。
finishは終える、homeworkは宿題だから、「わたしは、すでに宿題を終えてしまった。」ですね。

では、Mike has just cleaned his room.は?
「just=ちょうど」なので、「マイクは、ちょうど部屋を掃除したところです。」になりますね。

ちょっと、意地悪な英作文をひとつ。
「わたしはちょうどその本を読み終えたところです。」
I have just finished the book. ❌
2年生でやったように、「〜し終える」は、finish 〜ingを使うのです。enjoyとstopとfinishのあとに動詞がくるときは、〜ingつまり動名詞になるのでしたね。
I have just finished reading the book. で正解です。

ところで、「あなたはもうその本を読み終えましたか。」ならどうなるんでしたか。
最後に「か」があるから疑問文なのですが、疑問文ではalreadyやjustは使いませんでしたね。文末にyetを置きました。
Have you finished reading the book
yet? と、なりましたね。

では、「マイクは、まだ部屋を掃除していません。」は?
否定文の「まだ」は、文末にやっぱりyetを置くんでしたね。
Mike hasn’t cleaned his room yet.
となります。

<きょうのお話>
現在完了③ 「〜し終えた(すでに〜してしまった,ちょうど〜したところだ)」
1,肯定文
主語+have[has]+already{just}+過去分詞・・・.
「誰々は、すでに〜してしまった{ちょうど〜したところだ}」
2,疑問文
Have[Has]+主語+過去分詞・・yet?
「誰々はもう〜してしまいましたか。」
3,否定文
主語+have[has]+過去分詞・・yet.
「誰々はまだ〜していません。」

ところで、いわゆる経験用法の「〜に行ったことがある」は、have[has] gone to〜 って書く人が、けっこういますが、これだと一般には「〜に行ってしまった」になって、「今はここにいない」になるので間違えないようにしましょう。

学校の懇談

中学校で、懇談が行われている時期です。ちょっと緊張しますね。
中学一年生はそろそろ学校にも慣れてきましたか?
中学二年生は部活や生徒会とか、勉強以外も大変ですね。
中学三年生は、そろそろ高校の進路の話とかも出てきて、受験生であることを実感するかもしれません。
ただ、懇談は生徒を励ますのが本来の目的です。学校の先生も、きっと自分のことのように皆さんのことを気にかけてくれていると思います。
まだ今年度ははじまったばかり、のようなものです。
仮に、成績が思ったほどよくなかった人も、懇談の内容は正直に受け止めて、これから頑張っていく気持ちが大切だと、思います。
とにかく、懇談が終わって変に落ち込んだり、安心したり、張り切りすぎて長続きしなかったりしないようにしてくださいね。

三者懇談

中学校の期末テストも終わりました。結果はどうだったでしょうか?
そろそろ学校の三者懇談の時期です。何かと、心が落ち着かない人も多いのではないでしょうか。
 特に、中学3年生は、いよいよ志望校を最終決定する時期になりました。
今の時点で分かっているのは、現時点の内申点と学力テストA・B・Cの点数です。
まだわからないことが2つあります。「倍率」と「当日点」です。
「倍率」とちがって、「当日点」は自分のこれからのおよそ3か月間でまだまだ伸ばすことができます。
ただし、伸ばすためには、集中力をもちつづけなければいけません。
集中力をもちつづけるためには、気持ちをはっきりさせなければなりません。
高校入試は、中学受験などを経験していない多くの生徒にとっては初めての受験で不安に思うでしょう。
しかし、逃げてばかりもいられません。
三者懇談の前に、もういちど自分の気持ちをよく考えて、家庭内でもじっくり話し合って、学校の先生に自分の進路についての正直な気持ちを伝えられるようにしておきましょう。
 中学2年生の皆さんも来年は中学3年生ですし、中学1年生の皆さんも来年は中学2年生です。
この機会に、自分の進路についてよく考えてみてください。
 

裁量問題の演習

 公立高校の倍率が発表になりました。楽しいときは時間がたつのが早いのと逆で、これから入試まで、気分的に長く感じられると思います。
つらいときは我慢して自分の中にためずに、身近な人に訴えるようにしましょう。
 夜中まで勉強しても入試当日に体調が悪かったりしては、意味がありません。健康に注意して、徐々に早寝早起きをして体調を整えるようにしましょう。
 高倍率の高校とそうでない高校の両極端に分かれてしまいました。 倍率が高かった高校を受験する生徒の皆さんも、どうか、今までの自分を続けてください。
 ところで、裁量問題の過去問をやっていて、わからない、大変だという人がいます。ただ数学では正答率が10%以下といった問題もあります。
 平成25年実施の数学の四角5番の問3の(2)にいたっては、正答率0.5%!!できる方がおかしい、といった数字ですね。数学の(2)は、だいたいは、できなくても心配しなくてよい問題です。
心が折れて、時間をかけて勉強するより、ほかの勉強をした方が、気分も悪くならないし、効率的です。
 このデータは受験者全体ですから、受験する高校の正答率とは違いますが、正答率が低い問題では差がつかないわけですから、できなくても心配しなくてよいということになります。
 

いよいよ公立高校入試直前です。

気分的に長かった2月も終わり、いつのまにか3月になりました。
4日の公立高校入試まであとすこしになりました。
まずは前日の下見、しっかり見てきてくださいね。
あと、準備は早いに越したことはありません。
入試の持ち物、特に受検票などは必ず前日にはカバンなどに全部入れておきましょう。
人生で初めての試練かもしれませんが、ほかの受験生もみんな立場は同じです。
いつも通りの気持ちで力を出しきってきてください。