「時差の問題」徹底マスター

時差の計算ってけっこうめんどいよね。でも、慣れたらカンタンです。
<まず基本からはじめる>
①地球は西から東に自転している(ピンクの人は東経135度の日本にいるよ)
地球の左半分は夜     午前👇6時  地球の右半分は昼
 午前0時👉   👈午前12時  (午後0時)
    午後👆6時
ピンクの人は東経135度の日本にブルーの人は経度0度のロンドンにいるよ
午前3時↘     午前👇6時  ↙午前9時
 午前0時👉   👈午前12時 (午後0時)
午後9時↗     午後👆6時 ↖午後3時
国や地域によって朝だったり昼だったりして、時刻が違うのがわかりますね。
地球は西から東に自転しているので、東にいくほど時刻が早くなります。
この場所(国や地域)による時刻の違いを時差といいます。

④時差の問題を考えるには、どのようにすればよいでしょうか?(Click)

  • 北極点と南極点を結ぶ線を経線といいます。地球上の位置を表すときロンドンを経度0度、東を東経・西を西経として、それぞれ180度ずつ経度を決めています。東西に180度ずつなので、地球を一回りすると360度になりますね。
  • ところで、日本の時刻のもとになっているのは、兵庫県明石市を通る東経135度の経線(日本の標準時子午線)です。
  • 地球は1日つまり24時間で1回転つまり360度回転するので、1時間では、経度で360÷24=15度だけ回転することになりますね。
  • 経度が15度違うと、時差が1時間だから、                    (経度の差)÷15度を計算すれば時差がわかりますね。
  • 地球は、西から東に自転しているので、                 東(地図の右)に行くときは時刻を進めて(たして)、            西(地図の左)に行くときは時刻を遅らせる(ひく)。


 

例題① 日本が12月24日午後2時のとき、
ロンドンは何月何日の午前・午後何時でしょう?(答えはここをClick)
 

  • 手順① 経度の差を求める。ロンドンは経度が0度で日本は東経135度です。経度の差は、135-0=135度になりますね。
  • 手順② 手順①で求めた経度の差を15度でわって、時差を求める。       135÷15=9より時差は、9時間。
  • 手順③ 手順②で求めた時差を東にいくときはたし算、          西に行くときは引き算して現地時刻を求める。              ロンドン(0度)⇐西 日本(東経135度) だから引き算          午後2時の9時間前つまり14時-9時間=5時  (答)12月24日午前5時

例題①のヒントを見てみる!(Click)

  • POINT
  • 時差=(経度の差)÷15度                     
    東(地図の右)に行くときは時刻を進めて(たして)、            (地図の左)に行くときは時刻を遅らせる(ひく)。             ロンドンと日本の時差=9時間👈覚えてしまおう!
    (緯度の差135度÷15度から)

例題② ベトナムのハノイ(東経105度)が12月24日午後11時のとき、
日本は何月何日の午前・午後何時でしょう?(答えはここをClick)
 

  • 手順① 経度の差を求める。日本は東経135度でハノイは東経105度だから 経度の差は、135-105=30度になりますね。
  • 手順② 手順①で求めた経度の差を15度でわって、時差を求める。    30÷15=2より時差は、2時間。
  • 手順③ 手順②で求めた時差を東にいくときはたし算、          西に行くときは引き算して現地時刻を求める。              ハノイ(東経105度)⇐西 日本(東経135度) だからたし算         12月24日午後11時の2時間あと (答)12月25日午前1時

例題③ 日本時間の12月25日の午前8時に、外国のある都市に住んでいる知り合いに電話をしたら、「こっちでは今、12月25日の午前2時だ。」と言われた。
この都市の経度を答えなさい。(答えはここをClick)
 

  • さっきの問題と逆のことをやるけど、考え方は同じです。
  • 日本で12月25日の午前8時のとき、ある都市で12月25日の午前2時だから、ある都市のほうが8-2=6時間遅れている。遅れているから日本よりも西。  ある都市(経度 ??)⇐6時間おくれている 日本(東経135度)            1時間で経度の差が15度だから、6時間なら15×6=90度
  • ある都市のほう経度90度だけ日本より西だから、135-90=45 (答)東経45度 

例題④ 日本で12月31日午前7時に、アメリカのニューオーリンズ(西経90度) では何月何日の午前・午後何時でしょう?(答えはここをClick) 

  • 手順① 経度の差を求める。                      ニューオーリンズ(西経90度) ⇐ ロンドン(0度)  ⇐日本(東経135度)   ↖ニューオーリンズとロンドンで90度↗  ↖日本とロンドンで135度↗  経度の差は、90+135=225度 (西経と東経なので135-90=45度にはならない!!)
  • 手順② 手順①で求めた経度の差を15度でわって、時差を求める。    225÷15=15より時差は、15時間。
  • 手順③ 手順②で求めた時差を東にいくときはたし算、          西に行くときは引き算して現地時刻を求める。              ニューオーリンズ(西経90度) 西⇐ 日本(東経135度) だからひき算。12月31日午前7時の15時間前 12時間前の12月30日午後7時の3時間前                        (答)12月30日午後4時
  • 別解)とりあえず、ロンドンは日本時間の9時間前の12月30日午後10時。  さらに経度90度ぶんの6時間前と考えてもよい。

例題④のヒントを見てみる!(Click)

  • ニューオーリンズ(西経90度) ⇐  ロンドン(0度)  ⇐日本(東経135度)  ↖ニューオーリンズとロンドンで90度↗  ↖日本とロンドンで135度↗    経度の差は、90+135=225度 (西経と東経なので135-90=45度にはならない!!)
  • 別解)経度0度のロンドンは、日本時間の9時間前というのを使って、    さらに西へ90度行くと考えてもよい。なれるとこっちのほうが楽かも。
  • 西経と東経のときは経度の差は足し算になる。(+2)-(-3)の計算と同じ   ※西経どうし、東経どうし、ロンドン(0度)との経度の差はひき算。

覚えておこう! 日付変更線(Click)

  • 例題④でわかったように、時差の問題では、日付が変わることもあります。 180度の経線に沿って、日付変更線という線があって、西から東にこえるとき日付を1日遅らせて、東から西にこえるときは日付を1日進めます。 
  • ※同じ国や地域で日付が変わると混乱するので日付変更線は陸地近くを避けて、曲がっています。

覚えておこう! サマータイム(Click)

  • ヨーロッパや北アメリカの国々のほとんどで、4月頃から10月頃の間太陽が出ている時間帯を有効に使うため標準時を1時間進めています。これが、サマータイムです。  例)サマータイム実施中は、午前6時→午前7時

  • 知っ得 サマータイム実施中は日本との時差が1時間少なくなると考えてもよい。                                 <サマータイムを実施中の国どうしでは、ふつうの時差だけを考えればよい。>

例題⑤ 日本が7月24日午後3時のとき、ロンドンは何月何日の午前・午後何時か。ただしロンドンではサマータイムを実施している。(答えはここをClick) 

  • ロンドン(0度)と日本(東経135度)の経度の差は、135度だから、時差は135度÷15=9時間(覚えておくとよい) ロンドンは日本より西だから9時間遅らせると、15-9=6時で7月24日午前6時だが、サマータイムで1時間進めているから(答)7月24日午前7時(サマータイム期間の日本との時差は1時間少ないと考えてもよい)

例題⑥ 成田空港を12月25日午前3時に出発した飛行機が12時間飛行してアメリカのロサンゼルス空港(西経120度)に着いたとき、現地時間は何月何日の午前・午後何時か。ただし冬でサマータイムは実施していない。          ※日本国内ならどこでも東経135度(答えはここをClick) 

  • 解法1)出発時刻を現地時間にしてから、飛行時間の12時間をたす。
  • 手順① 経度の差を求める。                      ロサンゼルス(西経120度) ⇐ ロンドン(0度)  ⇐日本(東経135度)    ↖ロサンゼルスとロンドンで120度↗  ↖日本とロンドンで135度↗    経度の差は、120+135=255度 (西経と東経なので135-120=15度にはならない!!)
  • 手順② 手順①で求めた経度の差を15度でわって、時差を求める。     255÷15=17より時差は、17時間。(ロンドンで分けて考えてもよい)
  • 手順③ 手順②で求めた時差を東にいくときはたし算、          西に行くときは引き算して現地時刻を求める。              ロサンゼルス(西経120度) 西⇐ 日本(東経135度) だからひき算     12月25日午前3時の17時間前 12時間前の12月24日午後3時の5時間前  12月24日午前10時⇒成田で12月25日午前3時のときロサンゼルスは12月24日午前10時
  • 手順④ 飛行時間の12時間をたすと半日後だから (答)12月24日午後10時
  • 解法2)時差の分に飛行時間の12時間をたしてから求める。
  • 時差は、解法1と同様にしてマイナス17時間、これに飛行時間の12時間をたすと、(-17)+12=-5 だから12月25日午前3時の5時間前と考えてもよい。

例題⑥のヒントを見てみる!(Click)

  • 日本の国内線なら、国内で時差がないので、飛行時間を足せば到着時刻です。でも、出発地と到着地との間に時差があるときは、時差の分も考えなければいけません。
  • 解法1)出発時刻を現地時間にしてから、飛行時間をたす。       出発した時刻が、到着地の現地時間で何月何日の何時かを考えれば、あとは飛行時間を足せばよいことになります。
  • 解法2)時差の分に飛行時間をたしてから求める。           解法1とちがって、最初から時差と飛行時間をまとめてから計算します

例題⑦ 関西空港を12月31日午前0時(午後12時)に出発した飛行機が13時間飛行してアメリカのニューヨーク(西経75度)に着いたとき、現地時間は何月何日の午前・午後何時か。サマータイムは実施していない。(答えはここをClick) 

  • 解法1)出発時刻を現地時間にしてから、飛行時間の12時間をたす。
  • 手順① 経度の差を求める。                      ニューヨーク(西経75度) ⇐ ロンドン(0度)  ⇐日本(東経135度)     ↖ニューヨークとロンドンで75度↗  ↖日本とロンドンで135度↗    経度の差は、75+135=210度 (西経と東経なので135-75にはならない!!)
  • 手順② 手順①で求めた経度の差を15度でわって、時差を求める。    210÷15=14より時差は、14時間。(ロンドンで分けて考えてもよい)
  • 手順③ 手順②で求めた時差を東にいくときはたし算、          西に行くときは引き算して現地時刻を求める。              ニューヨーク(西経75度) 西⇐ 日本(東経135度) だからひき算     12月31日午前0時の14時間前 12時間前の12月30日午後0時の2時間前  12月30日午前10時⇒関空で12月31日午前0時のときニューヨークは12月30日午前10時
  • 手順④ 飛行時間の13時間をたす,半日と1時間後 (答)12月30日午後11時
  • 解法2)時差の分に飛行時間の12時間をたしてから求める。
  • 時差は、解法1と同様にしてマイナス14時間、これに飛行時間の13時間をたすと、(-14)+13=-1 だから12月31日午前0時の1時間前と考えてもよい。

POINT

  • 時差=(経度の差)÷15度  👉注意 西経と東経では経度の差はたし算
    東(地図の右)に行くときは時刻を進めて(たして)、            (地図の左)に行くときは時刻を遅らせる(ひく)。             ロンドンと日本の時差=9時間👈覚えてしまおう!
  • 180度の経線に沿ってひかれた日付変更線を西から東にこえるとき日付を 1日遅らせて、東から西にこえるときは日付を1日進めます。
  • サマータイム実施中は日本と欧米の時差が1時間少なくなる。
  • 飛行機の問題は、時差の分に飛行時間をたしてから求めるとラク。 
  • その他 時刻の計算方法①24時間制にするとひき算が楽なことがある ②12時間前=午後△時の12時間前は同じ日の午前△時,午前△時の12時間前は前日の午後△時③□日の★時=□日の前日の(★+24)時👉例)9月10日の午前7時の11時間前は、9月10日の午前7時は9月9日の7+24=31時だから31-11=20時より9月9日の午後8時 いろいろなやり方を知っていると便利です。自分の好みや、問題によって、使い分けましょう。
CLICKテスト勉強特設ページに プリント(印刷不可)をアップしました。