雨とbe動詞・一般動詞

 みなさん、はっきりしない天気が続いていますが元気ですか?
ワールドカツプ、残念でしたね。
 さて、きょうは中学1年生の皆さんに、ちょっとだけ英語の話をします。
 まずはじめに習ったことは、日本語と英語とでは、ことば(単語)の順番がちがうっていうことでしたね。「わたしは/ミミ/です。」が、英語になると「I/am/Mimi.」というぐあいです。ちょうど、お魚の頭をかじってから、しっぽにいって胴体にあともどりするみたいに、直すのでしたね。
 日本語と英語でっていうと、英語が特別なものみたいにみえますが、実は世界的にみると、日本と朝鮮半島だけが私たちが使っているような言葉の順番で、ほかの言語はみんな英語と同じらしいです。
 ところで、「わたしは/あなたを/愛している。」は、英語では「I/love/you.」になるわけですが、ここではわたしは(I)なのに、amは使えません。
 「I/am/Mimi.」では、I=Mimi、つまり「わたし」と「ミミ」は同じですが、「I/love/you.」では、、Iキyou、「わたし」と「あなた」はちがいます。
 このように、イコールの関係にあるときは、amなどのいわゆるbe動詞を使い、イコールの関係にないときは、loveなどbe動詞以外の動詞(いわゆる一般動詞)を使うんですね。
 be動詞と一般動詞とでは文の作り方も違うし、これから英語を勉強する上で、けっこう大切なことなので、しっかり使い分けられるようにしましょうね。
 <きょうの内容>英語の動詞(ふつう文の二番目に来る)は、「イコール」の関係かどうかで使い分ける。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です