裁量問題の演習

 公立高校の倍率が発表になりました。楽しいときは時間がたつのが早いのと逆で、これから入試まで、気分的に長く感じられると思います。
つらいときは我慢して自分の中にためずに、身近な人に訴えるようにしましょう。
 夜中まで勉強しても入試当日に体調が悪かったりしては、意味がありません。健康に注意して、徐々に早寝早起きをして体調を整えるようにしましょう。
 高倍率の高校とそうでない高校の両極端に分かれてしまいました。 倍率が高かった高校を受験する生徒の皆さんも、どうか、今までの自分を続けてください。
 ところで、裁量問題の過去問をやっていて、わからない、大変だという人がいます。ただ数学では正答率が10%以下といった問題もあります。
 平成25年実施の数学の四角5番の問3の(2)にいたっては、正答率0.5%!!できる方がおかしい、といった数字ですね。数学の(2)は、だいたいは、できなくても心配しなくてよい問題です。
心が折れて、時間をかけて勉強するより、ほかの勉強をした方が、気分も悪くならないし、効率的です。
 このデータは受験者全体ですから、受験する高校の正答率とは違いますが、正答率が低い問題では差がつかないわけですから、できなくても心配しなくてよいということになります。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です