現在完了の話①

きょうは、中学の英語で習う、いわゆる時制(現在、過去、みたいなやつ)のしめくくりとして、中学3年生がプログラム1,2の現在完了のお話です。
現在完了は、日本語ではちょっとイメージが難しいので、分かりづらいところですが、9月からの学力テストでも大変よく出題されるので、しっかり理解しておきましょう。

たとえば、「むかし彼女に逃げられた。その後、彼女が飼っていた猫にも逃げられ、今にいたる。」と、いったケースを考えてくださいね。
これ、日本語と違って、英語では過去と現在にまたがるので、過去の文も現在の文も使えない。困ったわ〜、ということになります。

そこで、過去と現在をいっぺんにあらわす特別な言い方を使います。この、過去と現在の一人二役が、現在完了の形、have+過去分詞なんですね。

ふつうの文 主語+have+過去分詞・・.
疑問文 Have+主語+過去分詞・・?
否定文 主語+have not[haven’t]+過去分詞・・.
主語がIとyou以外のひとり(いわゆる三人称単数)のときは、犬や猫を飼っているのhaveと同じように、haveのかわりにhasを使うんでしたね。

説明が、先になってごめんなさい。
例文にいきます。

① I became sick last Saturday.
わたしは、先週の土曜日に病気になった。<過去>
② I am still sick.
わたしは、まだ病気です。<現在>
①+② I [ ] [ ] sick for a week.
(きょうは、金曜日って設定で)
わたしは、一週間、ずっと病気です。

注意とヒント→becomeは、別のものになる(変わる)イメージなので、二番目のカッコには、becomeは、入りません。
(becomeの過去分詞はbecameじゃなくて、becomeだけど、ここでは残念ながら使いませんよ。)
amみたいなbe動詞の過去分詞は、beenでしたよね。

答え I [ have ] [ been ] sick for a week.
うまく、出来ましたか?

類題
① Kenta moved to Osaka three years ago.
ケンタは、3年前に大阪にひっこした。
<過去>

② Kenta still lives in Osaka.
ケンタは、まだ大阪に住んでいます。
<現在>

①+②
ケンタは、3年間(ずっと)大阪に住んでいます。
<過去+現在>
Kenta [ ] [ ] in Osaka
[ ] three years.
答えは、最後にあります。

<きょうのお話>
過去と現在を同時にいうときは、現在完了の形have+過去分詞を使います。
<予告>
現在完了を使った英作文などは、学力テストや入試でも、とてもよく出題されます。現在完了で、いちばん大切なことは、中学で習う3つの使い方を、キーワードと一緒に覚えることです。
次回は、現在完了の使い方とキーワードについて勉強します。

答え
Kenta [ has ] [ lived ] in Osaka
[ for ] three years.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です