2年生の英語,不定詞

ssPC230185 (1)

中学2年生の定期テストの範囲で不定詞が出てくる時期になりました。

しっかり復習しましょう。

よく、塾の先生が得意げに「『to+動詞原形』を不定詞といいます。でも、不定詞は難しい。不定詞には、なーんと3つも用法があるんだよ。3つの用法っていうのは、副詞的用法と形容詞的用法と名詞的用法なんだ。副詞的用法は「~するために」,形容詞的用法は「~するための」,名詞的用法は「~すること」と訳そうね。」とか言いますが、文法用語とかいいからザックリ言ってどうなの?と思う人も多いと思います。

そもそも不定詞って何でしょう。

「 私は、大阪へ 行った。」を英語にしてみましょう。

I     went     to     Osaka.

私は(主語) 行った(動詞) ~へ(前置詞)※  大阪

※wentには「行った」の意味しかないので「~へ」の意味の前置詞toをOsakaの前につけた。

次の文を訳してみよう。

I     went     to     Osaka to  meet  Aki.

私は(主語)  行った  ~へ(前置詞)  大阪      ~に会う

(主役の動詞)             (脇役の動詞)

POINT    脇役の動詞は原形の前にtoをつけて(不定詞という)脇役のカタチにする。

★不定詞とは、一つの英文の中に動詞が2つあるときに,主役以外の動詞(=脇役)の

カタチをこわして、「脇役だョ」っていう目印をつけることだと覚えてください。

手順① 不定詞をふくむカタマリをかっこでくくる。

I    went  to Osaka               ( to  meet  Aki  ).

私は(主語) 行った  ~大阪へ                  アキに会う

手順② 英語は説明は後回し,日本語は説明が前だから、日本語の語順に直す。

意味 「私は(    アキに会うために    )大阪へ行った。」

 

(1)パターン1

「まとめ①

POINT 「~するために」と訳すto+動詞原形=不定詞の副詞的用法という

 

I     went     to     the park to play tennis.

私は、テニスをするために公園へ 行った。

 

主語+go(過去形went)/come(過去形came)などの動詞・・to+動詞原形.

「主語」は、~するために・・・行く(行った)/来る(来た)。

 

POINT  Why~? 「なぜ」の文に答えるときは、ふつうBecause+主語+動詞(文).

「~するため(です)」と動詞の原形がつづくときは、To+動詞の原形. で答える。

Why did you go to the park?あなたはなぜ公園へ行ったのですか。

To play tennis.   テニスをするためです。

 

POINT   「うれし・かなし」などの感情のあとのto+動詞原形は、「~して」と訳す。

I am glad to see you.

私は、あなたに会って(会えて)うれしい。

 

(2)パターン2

I           want  a book  . (私は、本がほしい。)

私は(主語)    ほしい

 

①   I           want  a book     to read .

私は(主語)    ほしい    ←     読む

(主役の動詞)         (脇役の動詞)

意味 私は[ 読む(ための,べき)本 ]がほしい。

 

②   I          want   something     to drink.

私は(主語)   ほしい   何か          飲む

(主役の動詞)             (脇役の動詞)

POINT   something to+動詞原形=「何か~するもの」(分かりやすい日本語)

意味 私は[   何か飲むもの(飲みもの) ]がほしい。

 

③     I         have    a lot of   homework  ←   to do.

私は(主語)  ※ある  たくさんの  宿題            する

(主役の動詞)                 (脇役の動詞)

※「もっている」がしっくりこない haveは、「ある」と訳す。

宿題や仕事は「するための」よりも「しなければならない」のほうがそれっぽくなる。

意味 私は[   しなければならない(するべき) ]たくさんの宿題がある。

 

▲(=名詞)+to+動詞原形

「~するための▲」・「~しなければならない(すべき)▲」・「~する▲」

と、前の名詞を後ろから説明する。☞不定詞の形容詞的用法という。

something to+動詞原形=何か~するもの ※否定文・疑問文ではsomething⇒anything

発展 覚えておこう 形容詞は普通は名詞の前につくがsometingなど~thingの場合あとにつく

a red  car            (赤い車)

something  red  (何か赤いもの)

私は、何か冷たい飲み物がほしい。 飲み物⇒飲む(ための)もの

I          want   something  cold   to drink.

 

練習

私は、洗わなければならないたくさんの皿がある。(皿=dish,ある=have)

( dishes  / wash / have / to / a lot of  /I  /.)

私は、(洗わなければならない)/たくさんの皿が /ある。

主語 脇役の動詞wash           主役の動詞

手順① 脇役の動詞をふくむカタマリをかっこでくくる。

手順② 日本文の文末にあるのが主役の動詞,文末にない脇役の動詞は原形の前にtoをつければよい。

手順③ 「アタマ→しっぽ→逆流」で英語に直す。

解答 I have a lot of dishes to wash.

 

発展 覚えておこう time to+動詞原形=~する時間

I have  no  time.  = I don’t  have time. 「私は、時間がない。」

私は、テレビを見る時間がない。

( TV/ time / to / have /I / no / watch /.)

解答 i have no time to watch TV.

「まとめ②

POINT 前の名詞を後ろから説明するto+動詞原形=不定詞の形容詞的用法

「~するための」・「~しなければならない(すべき)」・「~する」の意味!

I          want   something  to drink.

私は(主語) ほしい(動詞)  何か

私は、 何か飲むもの(飲みもの)がほしい。

something  to+動詞原形=何か~するもの    ※否定文・疑問文ではsomething⇒anything

 

POINT  「私は、何か冷たい飲みものがほしい。」は、I want something cold to drink.

 

POINT  「私は、~する時間がない。」は、 I have  no  time to+動詞原形.

覚えておこう 京都には訪れるべきたくさんの場所がある。

Kyoto has many places to visit.

=There are many places to visit in Kyoto.

(3)パターン3

「まとめ③

POINT 「~すること」の意味を表すto+動詞原形=不定詞の名詞的用法

I  like  to play tennis.

私は、テニスをすることが好きです。

I want to play tennis.    ( ≒I would like to play tennis.私は、テニスがしたいと思う。)

私は、テニスがしたい。  ※would like to+動詞原形「~したいと思う」≒want to

主語+want(s) to+動詞原形.      主語は「~したい」(「~することがしたい」)

主語+want(s) to+be a△.      主語は「△になりたい」

 

POINT  to+動詞原形「~すること」が、(文頭)主語やisのあとにくることがある。

1, To play tennis is my hobby.        2, My hobby is to play tennis.

テニスをすることは、私の趣味です。        私の趣味は、テニスをすることです。

 

POINT  try to +動詞原形「~しようとする」

hope to +動詞原形「~することを望む」

start[begin]to +動詞原形「~し始める」

現在完了の復習③

おはようございます。
最近は、北海道らしい天気になってきましたが、元気ですか?
さて、前回は最後まで終わらなかったので、きょうは現在完了の復習の3回目です。
まず、前回の確認です。
①Ken has been in Otaru for a week.

日本語に直してみましょう。
「ケンは、一週間小樽にいます。」

「for a week」をたずねる文に。

「ケンは、どのくらい小樽にいますか。」という文を作るのですが、
手順1,for a week を「どのくらいHow long」にして、文頭に置く。
手順2,for a week 以外を疑問文に直す。

だから、
How long has Ken been in Otaru?
ですね。

②「わたしは、何回も大阪に行ったことがあります。」を英文に。

「〜に行ったことがある」は、have been to,「何回も」は、many times
だから
I have been to Osaka many times.
ですね。

「彼女は、一度も雪を見たことがない。」を英文に。

「一度も〜したことがない」は、否定文のnotの位置にneverを入れて、
She has never seen snow.
ですね。
雪には、aはつかないので注意しましょう。

さて、前回のつづきです。

パターン③ I have already finished
my homework.

ここでは、「already=すでに」に注目します。
finishは終える、homeworkは宿題だから、「わたしは、すでに宿題を終えてしまった。」ですね。

では、Mike has just cleaned his room.は?
「just=ちょうど」なので、「マイクは、ちょうど部屋を掃除したところです。」になりますね。

ちょっと、意地悪な英作文をひとつ。
「わたしはちょうどその本を読み終えたところです。」
I have just finished the book. ❌
2年生でやったように、「〜し終える」は、finish 〜ingを使うのです。enjoyとstopとfinishのあとに動詞がくるときは、〜ingつまり動名詞になるのでしたね。
I have just finished reading the book. で正解です。

ところで、「あなたはもうその本を読み終えましたか。」ならどうなるんでしたか。
最後に「か」があるから疑問文なのですが、疑問文ではalreadyやjustは使いませんでしたね。文末にyetを置きました。
Have you finished reading the book
yet? と、なりましたね。

では、「マイクは、まだ部屋を掃除していません。」は?
否定文の「まだ」は、文末にやっぱりyetを置くんでしたね。
Mike hasn’t cleaned his room yet.
となります。

<きょうのお話>
現在完了③ 「〜し終えた(すでに〜してしまった,ちょうど〜したところだ)」
1,肯定文
主語+have[has]+already{just}+過去分詞・・・.
「誰々は、すでに〜してしまった{ちょうど〜したところだ}」
2,疑問文
Have[Has]+主語+過去分詞・・yet?
「誰々はもう〜してしまいましたか。」
3,否定文
主語+have[has]+過去分詞・・yet.
「誰々はまだ〜していません。」

ところで、いわゆる経験用法の「〜に行ったことがある」は、have[has] gone to〜 って書く人が、けっこういますが、これだと一般には「〜に行ってしまった」になって、「今はここにいない」になるので間違えないようにしましょう。

現在完了の復習②

 みなさん。サッカー、本当に残念でしたね。といいつつ、朝の4時まで起きていて、結局寝ててよく見なかったという残念な・・・。
 さて、前回お話ししたように、現在完了って学力テストとかで結構よく出て、しっかり覚えておいたほうがよいところです。
 では、何が大切かというと中学校で習う3つの使い方のキーワードと置き場所をしっかり覚えることです。
 まず、次のパターンを日本語にしてみましょう。
 パターン➀ I have been busy since last Friday.
「have been」が現在完了の形ですが、ここでは「since last Friday」に注目してくださいね。
 ふつう、現在完了は過去を表わす言葉とは一緒に使えないのですが、前にsinceがくっつくと「~以来[~からずっと]」という意味になるのでしたね。
 busyは「忙しい」、since last Fridayで「先週の金曜日以来」なので
 「私は、先週の金曜日以来[からずっと]忙しい。」になりますね。
 もし、Tom has lived in Sapporo for five years.なら、「for five years」に注目してくださいね。
 期間の前にforがくっつくと「~の間」という意味になるので、「トムは、5年間(ずっと)札幌に住んでいます。」になりますね。
 文末のsinceとforは、「ずっと~し続けている。」という文を作ります。
 for a long time で「長い間」っていうのも忘れないでくださいね。
 
ところで、「for five years」をたずねる文「トムはどのくらい(の間)札幌に住んでいますか。」って、何と言うか覚えてますか。
 英語は、一番聞きたいことから並べるので、まずは「どのくらい(の間)」つまりHow longですね。
 あとは「for five years」以外の「Tom has lived in Sapporo」を疑問文の順番に直せばよいのでhasを前にして、「How long has Tom lived in Sapporo?」でできあがりです。
 
パターン➁ I have seen a panda once.
 「have seen」(seenはsee=見るの過去分詞)が現在完了の形ですが、ここでは「once」に注目してくださいね。
onceは「1回」なので、「私は1回パンダを見たことがある。」
 仲間として、twice,~times,many times,beforeがありましたが、意味を覚えてますか?
twice=2回,~times=~回,many times=何回も,before=以前 でしたね。
 ※2回はtwiceってうるさくいわれるけど外人さんで、one timeとかtwo timesとか言ってた人いたし。でも、once,twiceが無難です。
 あと、文末に来なくてoften=しばしば、っていうのもありますが、テストにはあまり出ません。
 
Ken has been to Okinawa many times. はどんな意味になるでしょう。
 「have been to 場所」で「~に行ったことがある」なので、「ケンは、何回も沖縄に行ったことがある。」になりますね。
 
では、「ケンは、今までに沖縄に行ったことがありますか。」は、何というでしょう?
 「今までに」は、疑問文で過去分詞の前に置く「ever」を使うんでしたね。
 Has Ken ever been to Okinawa?

では、「ケンは、今までに一度も沖縄に行ったことがありません。」は、何というでしょう?
 「今までに一度も~ない」は、否定文のnotの位置にneverを置くんでしたね。
 Ken has never been to Okinawa.
 
ちょっと意地悪な質問ですが、「私は一度もそこに行ったことがない。」は何というでしょう?
なーんだ、「そこに」はthereだから・・・
 I have never been to there. ×
 thereは「そこに」で、toも「~に」だからto thereだと「そこにに」になってしまいますね。
 I have never been there.で正解です。

 調子に乗って長くなったので、つづきは次回にします。
 <きょうのお話>
 現在完了は、キーワードと置き場所を覚える。
 ➀「(ずっと)~しつづけている」(いわゆる継続用法)
 文末に「since 過去を表わす語」で「~以来(~ずっと)」,「for +a~,~s」で「~の間」
for a long time で「長い間」
 ★「どのくらいの間」と期間をたずねるときは、How long +疑問文?

➁「~したことがある」(いわゆる経験用法)
 (1)肯定文(ふつうの打ち消したりしない文)の文末に
 once=1回,twice=2回,~times=~回,many times=何回も,before=以前
 (2)疑問文「今までに~したことがありますか。」
 Have[Has]+主語+ever+過去分詞・・?
(3)否定文みたいなの「今までに一度も~したことがない。」
  ⇒否定文のnotの位置にnever
主語+have[has]+never+過去分詞・・.
 ★have[has] been to~=「~に行ったことがある」
 <注意>「そこに行ったことがある」は、have[has] been there

 

 

現在完了の復習①

きょうは、中学の英語で習う、いわゆる時制(現在、過去、みたいなやつ)のしめくくりとして、中学3年生がプログラム2で勉強した現在完了のお話です。
現在完了は、日本語ではちょっとイメージが難しいので、分かりづらいところですが、9月からの学力テストでも大変よく出題されるので、しっかり理解しておきましょう。

たとえば、「むかし彼女に逃げられた。その後、彼女が飼っていた猫にも逃げられ、今にいたる。」と、いったケースを考えてくださいね。
これ、日本語と違って、英語では過去と現在にまたがるので、過去の文も現在の文も使えない。困ったわ〜、ということになります。

そこで、過去と現在をいっぺんにあらわす特別な言い方を使います。この、過去と現在の一人二役が、現在完了の形、have+過去分詞なんですね。

ふつうの文 主語+have+過去分詞・・.
疑問文 Have+主語+過去分詞・・?
否定文 主語+have not[haven’t]+過去分詞・・.
主語がIとyou以外のひとり(いわゆる三人称単数)のときは、犬や猫を飼っているのhaveと同じように、haveのかわりにhasを使うんでしたね。

説明が、先になってごめんなさい。
例文にいきます。

① I became sick last Saturday.
わたしは、先週の土曜日に病気になった。<過去>
② I am still sick.
わたしは、まだ病気です。<現在>
①+② I [ ] [ ] sick for a week.
(きょうは、金曜日って設定で)
わたしは、一週間、ずっと病気です。

注意とヒント→becomeは、別のものになる(変わる)イメージなので、二番目のカッコには、becomeは、入りません。
(becomeの過去分詞はbecameじゃなくて、becomeだけど、ここでは残念ながら使いませんよ。)
amみたいなbe動詞の過去分詞は、beenでしたよね。

答え I [ have ] [ been ] sick for a week.
うまく、出来ましたか?

類題
① Kenta moved to Osaka three years ago.
ケンタは、3年前に大阪にひっこした。
<過去>

② Kenta still lives in Osaka.
ケンタは、まだ大阪に住んでいます。
<現在>

①+②
ケンタは、3年間(ずっと)大阪に住んでいます。
<過去+現在>
Kenta [ ] [ ] in Osaka
[ ] three years.
答えは、最後にあります。

<きょうのお話>
過去と現在を同時にいうときは、現在完了の形have+過去分詞を使います。
<予告>
現在完了を使った英作文などは、学力テストや入試でも、とてもよく出題されます。現在完了で、いちばん大切なことは、中学で習う3つの使い方を、キーワードと一緒に覚えることです。
次回は、現在完了の使い方とキーワードについて勉強します。

答え
Kenta [ has ] [ lived ] in Osaka
[ for ] three years.

しつこく天気悪いから⚫️世紀クイズ

みなさん、こんにちは。あいかわらず、ぱっとしない天気が続いていますが、元気にしていますか?
さて、とある生徒が、239年は3世紀のはじめだよ、と言ってもどうしても納得してくれません。239は、百の位が2なんだから、2世紀じゃないの?、って言うんです。それって、歴史の勉強のはじめに習わなかったの?、って聞いても、知らない忘れた、って言うんです。
歴史では、けっこう⚫️世紀の終わり、とかいう言い方をします。はっきりしないままでいると、困るはず・・・
キリストさんが生まれたとされる年を元年つまり1年として、100年ごとのカタマリで考えるのが、世紀(センチュリー)でしたね。
だから、1年から100年までが、1世紀になります。
1001年から1100年までは?
終わりの年の、百の位以上を見て、11世紀ですね。
2001年から2100年までは?

終わりの年の2100の百の位以上を見て21世紀ですね。

じゃあ、57年は何世紀?
1年から100年までに入るから1世紀。

1333年は何世紀?
1301年から1400年までに入るから14世紀。

1945年は何世紀?
1901年から2000年までに入るから20世紀ですね。

な〜んだ、百の位以上に1を足せばいいんだね、って、すごいことに気がつきましたね。

では、1900年は何世紀?
さっきの1945年のとこを見て、注意してください。1900年までは19世紀です。

<きょうのお話>
世紀から年を考えるには、世紀を100倍した年までの100年間

年から世紀を考えるには、
①ふつう、百の位以上の数に1をたす
②下二桁(十の位と一の位)が00のときだけ、百の位以上と同じ

雨だから、抵抗の勉強?

きのうは、札幌まつりのみこし渡御がありました。塾の近くも通りました。今にも降り出しそうな空の下、最後の山車が通り過ぎてから雨になりました。
さて天気も悪いし今日は、中2理科のオームの法則の勉強をしましょう。
まず、主役を確認しておきます。
①電圧[V ボルト]は、電流を流すパワーのもとです。高さみたいなものかな?
②電流[A アンペア]は、正確には電子の流れですが、通行人みたいなもの。
③抵抗[Ω オーム]は、電流をじゃまします。通行人に襲いかかる駄目犬みたいなものかな?
<②の電流だけは、ふつうは単位にmA ミリアンペア が使われますが、オームの法則を使うときは、A アンペア に直して計算します。ミリは1000分の1ですから、mAをAに直すときは1000でわる、つまり小数点を左に3個ずらします。忘れないでくださいね。>
さて、オームの法則は、電圧Vと電流Aと抵抗Ωのうち、2つがわかれば、残りがわかるということです。
ぼくは V
あなたのA
オームですΩ
とたて書きにして、横にわかっている数値を書きます。Vの数値がわかっているときは、「棒〜ると」と唱えながら下に横棒を書いてくださいね。この横棒は、割り算の分数ですよ。
まあ、こんなめんくさい、という人は、まんじゅうかいて、左下から
V [ぶ(ボルト)]ない
Ω A [オーム]は[あ(ンペア)]
とかでもいいです。
① 2V,0.1Aなら、抵抗は何Ω?
2V

0.1A

2÷0.1=20÷1=20Ω

②3V,15Ωなら、電流は何A?
3V

15Ω

3÷15=0.2A
(mAをAに直せといわれたら、1000倍つまり、小数点を右に3個ずらします。0.200×1000=200mA)

③200mA,50Ωなら、電圧は何V?

<まず、mAをAに直します。200÷1000=2/10=0.2A 小数点を左に3個ずらしてもよい。>

?V
0.2A
50Ω

かけ算して、0.2×50=10V

オームの法則は、慣れたらそんな難しいものではないので、最初はいやでも、繰り返し練習しましょう。
<きょうの話>オームの法則は、2つがわかれば残りがわかるの法則。mAはAに直してから計算する。

20140617-033452.jpg

雨とbe動詞・一般動詞

 みなさん、はっきりしない天気が続いていますが元気ですか?
ワールドカツプ、残念でしたね。
 さて、きょうは中学1年生の皆さんに、ちょっとだけ英語の話をします。
 まずはじめに習ったことは、日本語と英語とでは、ことば(単語)の順番がちがうっていうことでしたね。「わたしは/ミミ/です。」が、英語になると「I/am/Mimi.」というぐあいです。ちょうど、お魚の頭をかじってから、しっぽにいって胴体にあともどりするみたいに、直すのでしたね。
 日本語と英語でっていうと、英語が特別なものみたいにみえますが、実は世界的にみると、日本と朝鮮半島だけが私たちが使っているような言葉の順番で、ほかの言語はみんな英語と同じらしいです。
 ところで、「わたしは/あなたを/愛している。」は、英語では「I/love/you.」になるわけですが、ここではわたしは(I)なのに、amは使えません。
 「I/am/Mimi.」では、I=Mimi、つまり「わたし」と「ミミ」は同じですが、「I/love/you.」では、、Iキyou、「わたし」と「あなた」はちがいます。
 このように、イコールの関係にあるときは、amなどのいわゆるbe動詞を使い、イコールの関係にないときは、loveなどbe動詞以外の動詞(いわゆる一般動詞)を使うんですね。
 be動詞と一般動詞とでは文の作り方も違うし、これから英語を勉強する上で、けっこう大切なことなので、しっかり使い分けられるようにしましょうね。
 <きょうの内容>英語の動詞(ふつう文の二番目に来る)は、「イコール」の関係かどうかで使い分ける。